ひろしば(広島演劇ひろば)

アクセスカウンタ

zoom RSS ●舞台と客席のあいだ(演劇つれづれ考)

<<   作成日時 : 2006/12/10 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

広島駅前から鷹野橋商店街へ今月移転したばかりのNEOPOLISHALLへ
「いいくぼさおり」さんのライブを見に行ってきました。
仕事の時間の関係で途中からだったんですが、
着いたときにちょうどいいくぼさんの出番でした。
あたらしくなったネオポリを見てみたかったのと、
ネオポリのライブスケジュールでいいくぼさんが気になってたので、
間に合ってよかったです。


画像



NEWネオポリは、鷹野橋商店街のパチンコ屋さんの向かい。
パチンコ店だったところを改装したみたいで、ガラス張りの建物でした。
床もトイレもきれいになって天井も高くなって、
以前のような隠れ家的な雰囲気は無くなりましたが、
うまくいえないけど、やっぱりネオポリはネオポリで居心地がよかったです。


画像



いいくぼさんはピアノの弾き語りで、
演奏中に急に立ち上がって「びっくりしました?」と言ってみたりする
おちゃめな方でした。
見た目は小柄で童顔のかわいらしい感じなんですが、
歌声がとてもしっかりしていて芯があって、
日常にある痛みとか切なさとかが伝わってきました。
どんなライブをやる方かまったく知らずに行ったのですが
ほんとうに大アタリで、直感ってすごいなぁって思いました。



手にした強さはこんなに儚く
砂粒みたくこぼれ落ちてゆくの

届ける強さを手に入れたならば
何か変えていける 優しさが欲しい


「Saoriiikubo」”無力”より


ライブ後にご本人からCDを買ったのですが、とても緊張しました。
じつは僕はもともとあがり性なので、声も手もぶるぶる震えてました。
CDにサインしてもらえるからとか、握手してもらえるからとか、
そういうことで緊張しているのではない気がしました。
以前、移転前のネオポリでの岡崎倫典さんのライブ後に
CDを買ったときも同じようにすごく緊張しました。
なぜか自分が役者として舞台に立っているときとは
比べ物にならないほどに緊張するんです。

自分も舞台に立つ人間なので、
舞台に立つ人たちも基本的には普通の人だっていうのは分かっているはずなんです。
友達の公演を見に行ったときには
舞台から降りてきた直後に友達と話しても緊張しないですし。
舞台上でしかみたことのない人だとやっぱり緊張するのかもしれません。

新しいネオポリには舞台前面の幕はなくなりましたが、
やっぱり舞台と客席のあいだには、
見えない境界線がきっちりとあるんだなぁって思いました。



★ヨーロッパ企画「ブルーバーズ・ブリーダーズ」(2006/11/19)
★「シラノ・ド・ベルジュラック」(2006/11/22)
の観劇ブログリンクを作りました。
ぜひご覧下さい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。かなり、前になりますが、ブログのコメントありがとうございました。なかなか、更新できないんですが、ぜひまた遊びに来て下さい。(^^)
ai-rairai
2006/12/19 00:31
>ai-rairaiさん
こんばんわ。こちらこそコメントありがとうございます!
人見知りの元あがり性ですが、演劇をやってこんなブログをやってます(笑)
また寄らせてもらいますね〜。
トム(snail-house)
2006/12/19 02:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
●舞台と客席のあいだ(演劇つれづれ考) ひろしば(広島演劇ひろば)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる